以前お話していた「中国語学習」の経過についてです。
そうです、「学習者の気持ちを忘れないために」、個人的にレッスンを受けています。

それで最近実感したことは「大人は忙しい」んです。

先生には「毎日練習してね」っていわれていたのに、前回勉強したのはレッスンに行く途中の電車の中、その前は前回のレッスンのとき…なんてことになってしまっています。
それに毎回遅刻して、先生ごめんなさい。

でもきっとそれは私だけではなくて、皆さんも同じように仕事もプライベートもあったりして、なかなか思ったように勉強できなかったりすると思うんです。
お家で同居の方がいらっしゃったりすると、そもそも一人の時間を作るのが難しかったりもします。
どこかカフェなり行ってみたとしても、そこで勉強できるとは限りません。
やろうと思ったけれど、帰ったらクタクタとか、もうお酒飲んじゃったしとか、考えなきゃいけないこといろいろとか、家事しなきゃとか、もう眠いとか、家でも仕事てんこ盛りとか、「大人」はいろいろあります。

決してやる気がなかったわけでも、さぼっていたわけでもないんです。
ただ、やれなかったんです。
現状、自分もやってみて一番学んだことはそれです。

アカデミアは「大人のため」の外国語教室を掲げています。
なるべく毎日、せめて週一は家でも勉強してくださいね、と「形式上は」お話しさせていただいているのですが、正直多くの「大人」の方にはなかなか難しいのではないかと思います。
はい、私もやれていないので。

アカデミアにも、私のように「レッスンの時しか勉強できてない」という方が少なからずいらっしゃるはずです…。
なので「家で復習してみてね」という復習や予習前提のレッスンはなるべくしないことにします。
(もちろんやりたい方には課題お出しします。)

なので「今日はこれが大事」というのは「家でおぼえよう」ではなく、その場でおぼえて帰りましょう。
「家で練習してみてね」も今後はその場でやりましょう。
はい私、「家で練習してくる」って先生にいったら、「たぶんやれないから今練習して」っていわれました(笑)
しかも結局、その通り家で練習できませんでした…。
アカデミアは、せっかく他の教室よりも長めの時間(1時間半)に設定しているので、その分復習も必要ないぐらい一緒にやってしまいましょう。

人生そんなものだと思うので、「今週勉強できなかった」といっても落ち込まないでくださいね。
大丈夫大丈夫!

それから10分程度の遅刻であれば、その分延長することができます。
どうしても大幅に間に合わなそうな場合にはあらかじめご連絡ください。
特に夕方以降のレッスンの方はある程度融通がききます。
(30分ぐらいざっくりで時間を設定されている方もいらっしゃいます。)
なので、これもあまり落ち込まないでくださいね。